包装資材・包装機械の販売 オーダーメイドの荷崩れ防止材の企画・作成

Label_Printer_Melit

ラベルプリンタシステムの特徴とメリット



QL-700 + EXCEL VBA で簡単ラベルプリンタシステム


image_LB_01.jpg

ブラザー工業製ラベルプリンタ ”ピータッチQL-700”とEXCELを組み合わせることで、安価にとても使いやすいラベル発行システムを作ることができます。


特徴

LP_point1.jpg

QL-700は通常、ラベルプリンタに付属する"P-touch Editor"というソフトを利用して、ラベルをデザインして印刷します。

しかし、QL-700には、EXCELのマクロ機能(VBA)を使って直接印刷する機能があり、これによりとても使いやすいシステムを構築できます。
ワークシート上にVBAを実行するボタンを配置するなどして、簡単な操作でラベルが印刷できるようなシステムをつくることができます。


LP_point2.jpg

ラベルプリンタ QL-700が非常に安価な製品なので、初期導入費を抑えることができます。
ラベルプリンタの他に必要なのは、WindowsパソコンとEXCEL。
ブラザー工業より無償で提供されるソフトウェアの"P-touce Editor"と"b-PAC"です。

パソコンはラベルプリンタ専用の必要はありません。
今、お使いの物があれば、そこにラベルプリンタを繋げることができます。


LP_point3.jpg

ラベルプリンタなら欲しい枚数だけ、ラベルが印刷できます。

タックシール紙ですと、少ない枚数のラベルが欲しい時、無駄が出てしまいます。
また、プリンタにわざわざタック紙をセットしなければなりません。

欲しい時に、欲しい枚数だけ、簡単に出せるのがラベルプリンタの魅力です。

LP_point4.jpg

現在、ご使用中のEXCELワークシートに、ラベル発行機能を追加することができます。

マクロ(正確にはVBAプログラム)を作成して、ワークシートに組み込むことで、現在ご使用中のデータをそのまま使えます。

CSVファイル(テキストデータ)に変換して、ラベル発行ソフトに移す等の必要はありません。
データも一元管理できるため、古いデータで印刷してしまった等のトラブルが起きません。

LP_point5.jpg

あらかじめ決められた大きさにカットされているプレカットラベルも、数種類ラインナップされていますが、長尺ラベルを使えば、希望の長さでカットしながらの印刷が出来ます。

ラベルを交換することなく、違う大きさのラベルが印刷できますので、大変便利です。
印刷の向きも、もちろん変える事が出来ます。


LP_point6.jpg

JANコードやCODE39、CODE128等はもちろん、QRコードのような2次元バーコードも印刷できます。


LP_point7.jpg

パソコンに接続された、様々な周辺機器が利用できます。

バーコードリーダーで読み取ったデータや、パソコンにデータを送る機能のある電子ハカリ等の計測器のデータを利用したシステムを構築できます。
ラベルプリンタと通常のプリンタを同時に使えますので、ラベルと書類を同時に印刷することも出来ます。


LP_point8.jpg

QL-700とEXCEL VBAの組み合わせの最大の魅力は、VBAプログラムにより、様々なシステムを構築できることです。
アイデア次第で無限の可能性が広がります。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional