包装資材・包装機械の販売 オーダーメイドの荷崩れ防止材の企画・作成

Label_Printer_Dounyu

ラベルプリンタの導入のすすめ


Label_Printer_Dounyu_1.jpg

「いつも、住所録を見て宛名書くの、もー大変!!」

オフィスや現場でのたくさんの「大変」、ありますよね。
ブラザー工業から発売されているラベルプリンタ”QL-700"と、普段からお使いの”EXCEL”を組み合わせて、お仕事をずいぶんと”簡単”に変えることが出来るかもしれません。
導入を検討してみませんか?


Label_Printer_Dounyu_2.jpg

まず、お使いの”EXCEL”がインストールされているパソコンに、ラベルプリンタ”QL-700”をUSBケーブルで接続します。
パソコンに、ドライバ、”P-Touch Editor”、”b-PAC”をインストールします。
”P-Touch Editor”と”b-PAC”はブラザー工業より無償で提供されているソフトウェアです。


Label_Printer_Dounyu_3.jpg

システム管理者の方が”P-Touch Editor”を使って、印刷するラベルをデザインして、テンプレートファイルを作ります。
そのテンプレートファイルに、データを渡すように、”EXCEL”のVBAプログラミングをします。
システム管理者の方は、”P-Touch Editor”の使い方や”EXCEL VBA”についての知識が必要ですが、ラベル出力を制御する部分のプログラムは、簡単です。


Label_Printer_Dounyu_4.jpg

実際にラベルの発行作業をされる方に使いやすいように、ワークシートをデザインして、コマンドボタン等を配置します。
既存のEXCELデータにラベル発行機能を追加することも出来ます。


Label_Printer_Dounyu_5.jpg

EXECLワークシートに追加された、ラベル発行機能を使って、簡単な操作でラベルを印刷する事が出来ます。
作業する方は、EXCELの基本的な使い方と、ラベルを印刷するための操作方法さえ知っていればOKです。
プログラムの知識や、ラベル発行ソフト”P-Touch Editor”の使い方などは知らなくても大丈夫です。

あなたの”大変”なお仕事を、”簡単”・”きれい”・”正確”なものに変える事が出来ます。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional