包装資材・包装機械の販売 オーダーメイドの荷崩れ防止材の企画・作成

商品_ポリ袋

ポリ袋

ポリ袋・ビニール袋
ポリ袋はポリエチレン等で作られた袋、そしてビニール袋は塩化ビニールで作られた袋です。
ですから、一般的にビニール袋と呼ばれている物の、大部分は実はポリ袋なのです。
薄い樹脂製の袋の事を指して「ビニール袋」と呼んでいるようですが、現在では特殊な用途を除いては、塩化ビニールで袋を作ることはあまりありません。

樹脂製袋の種類や特徴などを説明します。

  • PE袋
    ポリエチレン製の袋。
    現在、最も多量に使用されている袋である。
    耐水性・耐湿性・電気絶縁性に優れ、加工性も良く、熱で袋綴じが出来る等の優れた特性を持つが、何よりも安価で廃棄が容易であることが、幅広く使用されている理由と思われる。
    欠点としては、可燃性で熱膨張係数が大きく、ガスを通しやすい事等が上げられる。
    また、PEは大きく分けて3種類に分類され、それぞれ特徴を生かした袋が作られている。
  1. LD-PE ローデン
    LD-PE 透明で柔らかく粘りがあり、もっともよく使われる。
  2. HD-PE ハイデン
    HD-PE 半透明で、強く硬く裂けやすい。さらさらした感じがあり、口開きが良い。
  3. LLD-PE リニア
    LLD-PE HD-PEの透明度を増したもの。ただし、HD-PEに比べて柔軟で裂けにくい。

※HD-PEは同じ強度の袋を作る場合、LD-PEやLLD-PEに比べて薄くてすることが出来ますので、安く作ることが出来ます。
LLD-PEは近年シェアが増えてきており、LD-PEに比べて、強く丈夫です。
将来的にはLD-PEの薄手の袋は、全てLLD-PEに替わってしまうのかもしれません。

  • PP袋
    ポリプロピレン製の袋。
    ポリエチレンに類似した性質も持っていますが、ポリエチレンより引張強度が強く裂けにくい。
    また、透明性も非常に優れており、表面肌が滑らかで艶があることから、ポリエチレンより高級感がある。
    少し硬めで、パリパリとした感じがあるため、加工し易い。
    粘着付きのベロを付けた、容易に閉じれる袋にしたり、ヘッダーを付けて店頭にそのまま展示できる等、付加価値のある袋として使われることが多い。
  • ビニル袋
    塩化ビニル製の袋。
    通常の1本シールの袋として使われることは、まずありません。
    ホックやチャックを付けて書類入れにしたり、着色や印刷をして鞄にするなど、包装資材以外の使われ方が多い。
  • ナイロン袋。
    ナイロン製の袋。
    ナイロンは非常に安定した物質で、耐熱耐薬品性に優れ、強靭かつしなやかです。
    また、ガスバリア性に富んでおり、真空包装や液体用の袋として使用されます。
  • その他
    近年では、市場の様々なニーズに対応して色々な材質で袋が作らています。
    中でも複数の材質のフィルムを貼り合わせた複合材料は大幅な伸びを見せています。
    従来プラスチックや金属などの成形容器にて販売されいた商品が、廃棄を考えスタンドタイプの袋に変更して売られているのを良く見かけます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional