包装資材・包装機械の販売 オーダーメイドの荷崩れ防止材の企画・作成

商品_ブリスターパック

ブリスターパック

ブリスターパックとは、硬質の樹脂シートから真空成型により作られた、カバーと台紙(紙・フィルム等)との間に商品を入れて、圧着加工する包装材料の事です。

透明包装なので、商品が綺麗に良く見えるのが特徴です。
複雑な形の商品も安定して、包装する事が出来ます。
店頭に陳列する時に、ラックやハンガーを使い、スペース効率よく並べる事が出来ます。
硬質な樹脂で出来ているため、商品をしっかりと保護し、輸送の際にも安心です。

ブリスター包装には下記のような物があります。


ブリスターパック(溶着タイプ)

透明な樹脂シートを真空成型して作ったパッケージに、商品を入れて台紙ではさみ、圧着加工します。
台紙は紙タイプ・フィルムタイプが選べます。
圧着には専用のブリスターシール機と呼ばれる装置が必要になってきます。
密封性が高い・改竄されにくい等のメリットがありますが、何より資材単価が低くなるのが魅力です。

画像の説明

スライドタイプ

透明な樹脂シートを真空成型して作ったパッケージの端を、2~4方向を折り曲げ加工を施します。
そこに商品を入れた後に、台紙をスライドさせてはめ込みます。
最後にホッチキスやテープで固定して、完成となります。
台紙には、ある程度硬さが必要なので一般的に厚紙が使用されます。
設備が不要なのは大きなメリットですが、資材単価が高い、抜き取られやすい等のデメリットもあります。

画像の説明

Wパックタイプ

透明な樹脂シートを真空成型して作ったパッケージを、半分に折り曲げて、その間に商品を入れる方法です。
パッケージに爪を付けることにより嵌合させて、ホッチキスやテープ、圧着等無しで封する事も出来ます。
全て樹脂で出来ているため、高級感があります。
また開封後も、保管用のケースとして使用する事が出来る等のメリットがあります。
しかし、スライド式と同様に、資材単価が高い、抜き取られやすい等のデメリットがあります。

画像の説明

スライド式やWパックタイプ等は設備が不要で、簡単に包装作業が出来るため、一見魅力的に見えますが、どうしても資材単価の高さが問題となってきます。
多くの量を梱包する場合、設備にお金を掛けても、圧着式のブリスターパックの方が、良かったというケースも多くあります。
入れる商品やロットによって、どの方式がベストか変わってきます。
お気軽にご相談下さい。

また、設備を入れたくない・包装作業に人手を取られたくないという場合には、商品をブリスターパックに入れる作業を、メーカーへ委託するという方法もあります。
お客様の商品をメーカーに支給して、最終のパッケージの形態まで仕上げ、お客様ご指定の場所に送付させて頂きます。
お客様のニーズに合わせ、柔軟な対応をさせて頂きます。
是非、ご相談下さい。




画像の説明


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional