包装資材・包装機械の販売 オーダーメイドの荷崩れ防止材の企画・作成

アマゾンのような梱包方法

アマゾンのような梱包方法

大手ネットショッピングのアマゾンで採用されている、商品が透明なフィルムで段ボールの板と一緒に包まれた、あまり他では見ない特徴的な梱包方法。
大きなケースの中に、小さな商品がちょこんと入ってたなんて話を良く聞きますが、それは商品のサイズに対し、柔軟に対応できる梱包方法であると言えると思います。

そんな梱包方法について説明致します。

必要な部材

  • 段ボールケース
  • 段ボールパット
  • シュリンクフィルム


必要な機材

  • 工業用ドライヤー
  • ホットメルト
  • シール機 (必須ではありません)


シュリンクフィルムについて
シュリンクフィルムとは熱で小さく収縮するフィルムの事です。
袋状になっている物や、ロール状に巻いてあるものがあります。

ロール状タイプの場合は、先にシール機で袋状にしてから、
始めると、作業しやすいですが、必ずしも袋にしなくても大丈夫です。

画像の説明

メリット

  • バラ状又はエアー系緩衝材を使いませんでの、包装に必要な部材が少なくなります。
  • 開梱時のごみの量を削減できます。
  • 包装後の重量が軽くなります。

デメリット

  • 包装に掛かる作業時間が長くなる可能性があります。
  • 完全に中空の為、上に重い荷物を載せると、ケースが潰れる可能性が高くなります。
  • 熱を加える作業があるため、製品にダメージを与える可能性があります。
  • 異なるサイズの製品を、複数まとめて入れたい時、シュリンクフィルムで、しっかりと、固定できない可能性があります。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional